高校生の模試の監督の補助員をしました。

日雇いバイトで高校生を対象とした模試の試験監督の補助員をしました。
試験監督ではないので直接高校生の試験の様子を見ることができません。基本的には本部で仕事をしています。

試験監督の補助員の仕事は、大量の問題用紙、解答用紙をクラス別に枚数を数えます。
その後テストとテストの合間の時間に問題用紙、解答用紙をクラスに配布をしに行きます。
解答した解答用紙を本部に持ってくるのは、違う人の仕事です。

他には、試験監督の休憩の間に試験監督をします。試験監督も休憩を取る必要があります。
その時、高校生の試験監督をする係りになります。時間は20分です。それを決められた時間割で何クラスも回ります。
テストの声掛けなどの必要のない時間に回るようになっています。

私が経験したときはなかったのですが、鉛筆を落としたときに拾ったり、気分が悪くなったときへの対処などを行います。
試験後にも大事な仕事があります。試験で使用した教室の後片付けを行います。
元通りに教室を片付けます。学生の忘れ物や部屋の掃除をしなければなりません。
それが終わったら、報告をしに行きます。それで合格ができれば仕事が終了となります。