何歳になってもゲームは楽しめる

物心がついた頃から身近な所にゲームがありました。
小さい頃は中々新しいソフトを買って貰う事が出来ず、1本のソフトを何十時間とやり込む事が多かったですが、
携帯が普及しソーシャルゲームが流行り出すと、片手間に遊ぶ事の出来るソーシャルゲームにのめり込むようになりました。

課金を中心としたゲーム内容となっているため、自由にお金を使う事の出来る歳になると、課金への誘惑を抑える事が必要になってきました。
それでも、毎日コツコツプレイする事で強くなっていく楽しさは、小さい頃から遊んでいたゲームと変わりない楽しさがあると思いました。
家庭用のゲームも時代が経つごとに進化を遂げ、飽きる事なく何十時間と遊ぶ事が出来るほどにボリュームが増えた事から、
1つのゲームに対する没入度も増えるようになりました。

インターネットの普及のおかげで海外のゲームも簡単に遊ぶ事が出来るようになり、
今までは海外のサイトを必死に翻訳しながら入手していたゲームも、簡単に手に入るようになりました。
どれだけ時間があっても遊び足りないぐらい、ゲームを楽しんでいます。