家族で節約しながらの楽しい青森旅行

子供が3歳の頃、本州最北端の大間岬に行ってみようと計画しました。
子供が寝ている間に車で移動した方が、子供にとってストレスが少ない事や節約も兼ねて、秋田から夜に出発しました。

もちろん高速道路は使用せず、休憩、車中で仮眠しないがら大間岬に向かいました。
ちょうど日の出と共に到着し、とても清々しい気分で朝を迎えました。誰もいないかと思いきや、早朝にも関わらず数組の旅行者がいました。
海の向こうに見える北海道に感激し、本州最北端にいることだけでテンションが上がりました。

子供は海に向かって「おーい!北海道?」と大きな声で叫んでいた姿がとても可愛いかったのが一番のいい思い出です。
マグロの石像と写真を撮ったり、子供は乗って遊んだりするだけで楽しそうでした。
いろいろ散策した後に、お寿司屋さんで食べた大間のマグロとウニは絶品でした。
帰る途中に浅虫水族館に寄り、イルカのショーを初めて見た子供は興奮して喜んでいました。
節約旅行でしたが楽しく過ごせました。今度は、本州最南端に旅行してみたいです。