バトゥール山登頂と奇跡的な景色を体験

2018年の6月、主人とバリ島に行きました。これまでにも何度かバリ島へは行ったことがあり、ビーチのイメージが強いバリ島ですが、今回は初めて登山をしました。
バトゥール山という標高1700メートルほどある山で、比較的初心者でも登りやすいと聞いて登ることにしました。

深夜1時ごろにホテルに迎えがきて、2時間近く車で移動した後、3時過ぎから登り始めました。
山頂までは2時間半ぐらいかけて登りました。初心者でも登りやすいと聞いていましたが、ゴツゴツとした岩の道を登るのはとてもしんどかったです。
登るにつれて徐々に気温が下がり、頂上に着く頃には薄めのダウンとトレーナーでも肌寒いぐらいでした。
とても寒い中、頂上で数十分待機していると、遠くから日が昇ってくるのが見えました。
またとても運が良く綺麗な雲海も見ることができて、日が昇る瞬間はとても幻想的な時間でした。

ガイドさんによるとサンライズも綺麗に見れないことが多いようで、今日はとても運がいいよって言っていました。
辺り一面が雲に覆われていて、まさしく雲の海のようでした。
下りも同じ道の繰り返しで、足は限界に達していましたが、バリ島でこんな綺麗な景色が見れたことはとても貴重な経験でした。