海に漂着しているものを拾って集めるビーチコーミング

手が空いているときや気が向いた時にビーチコーミングをしています。
以前住んでいたところでは、住まいから車で15分くらいのところに海水浴場があったので、そこに通って海に打ち上げられているものを拾っていました。

主にシーグラスというガラスの破片が長年海の底で波によって削られて丸みを帯びた物を拾っています。
たまに海岸を歩いていると、大量のゴミを目にしますが、その中に靴やハングルの書かれたペットボトルや、
アンパンマンの小さなマスコットなど普段目にしないものがあるとみているだけで楽しいです。

シーグラスは、茶色や白、水色が多いですが、まれにピンクや紫、赤が落ちているととてもうれしいです。
それと同じくらい見つけてうれしいのは、シー玉(ビー玉がシーグラスになったもの)を見つけた時です。
1年ほど海岸を歩いていますが、30個ほどしか見つかりません。それくらいレアです。
現在は引っ越してシーグラスではなく貝殻がたくさん落ちている海のそばで暮らしています。
たまに早起きして誰もいない海で割れていないきれいな白い貝殻や、マーブル模様など美しい貝殻を集めています。